「7歳でサンタを信じているのは"marginal"」をどう訳すか

ドナルド・トランプがサンタを信じている7歳の子供に心無い言葉をかけたことが話題になっている。BBCの英語記事によれば、元の発言は以下の通り。

"Because at seven, it's marginal, right?"

Trump to boy: Do you believe in Santa? - BBC News

ここで"it"と言われているのは当然、サンタを信じていることについてである。
これをAFPの日本語記事は次のように訳した。

「まだサンタクロースを信じているのかい?7歳といったら大人と子どもの境界線だろう?」

「まだサンタを信じてるのか?」 トランプ氏、7歳の子どもに発言し炎上 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News

この訳はどう考えてもおかしい。「大人と子どもの境界線」なんて話は誰もしていないし、そもそも8歳だろうが9歳だろうが子供は子供だ。
ここで"it's marginal"と述べられている"it"も、7歳であるという事実ではなく、サンタを信じているという事実を指しているのは明らかだ。
さらに言うなら、"marginal"は本来的には中心から離れた周縁部にある状態を指す形容詞であり、そこから転じて「ぎりぎり」という意味を持つことはあっても、「何かと何かとの間の境界線上」というような意味を持つことはあまりないように思う。

BBCの日本語版では次のように訳されている。

「7歳っていうと、ぎりぎりだから。そうだろ?」

トランプ氏、7歳少年に「まだサンタを信じてる?」 - BBCニュース

BBC日本語版の訳は誤りではないが、これも辞書から無理やり引っ張ってきたこなれていない訳という印象がぬぐえない。
目についた中では、朝日新聞の藤えりか記者の訳が一番自然だと感じた。

米政府機関一部閉鎖も恒例のNORADサンタクロース追跡作戦が続く中、サンタの居場所を尋ねる電話をホワイトハウスにかけた7歳の子どもに「まだサンタを信じてるの? 7歳だともうあんまりいないだろ?」と答えるトランプ大統領…。

Erika Toh (藤えりか) on Twitter: "米政府機関一部閉鎖も恒例のNORADサンタクロース追跡作戦が続く中、サンタの居場所を尋ねる電話をホワイトハウスにかけた7歳の子どもに「まだサンタを信じてるの? 7歳だともうあんまりいないだろ?」と答えるトランプ大統領…。… "